AMED 再生医療実用化研究事業

活動報告

HIBAを用いたIC50の測定法がJ Pharmacol Toxicol Methodsにin pressになりました。

Mitsuoka T, Hanamura K, Koganezawa N, Kikura-Hanajiri R, Sekino Y, Shirao T. “Assessment of NMDA receptor inhibition of phencyclidine analogues using a high-throughput drebrin immunocytochemical assay” J Pharmacol Toxicol Methods (2019) in press

広島大学、東京大学との共同研究がin pressになりました。

昨年度特許出願した“Characterization of functional primary cilia in human induced pluripotent stem cell-derived neurons”の研究内容がNeurochemical Research誌にアクセプトになりました。

忘却のメカニズムに鍵がかかる仕組みを、白尾博士(研究代表者)のグループが発見しました。

忘却のメカニズムに鍵がかかる仕組みを、白尾博士(研究代表者)のグループがFrontiers in Cellular Neruoscienceに発表し、新聞(日経:経済科学;上毛新聞:1面)に取り上げられました。

研究者の方はこちらをご覧ください。

関野教授(分担研究者)が参加した国際的活動の成果が一つの論文に結実し、Cell Reportsに掲載されました。

関野教授(分担研究者)が参加した国際的活動の成果が一つの論文に結実し、Cell Reportsに掲載されました。
International Multisite Study of Human-Induced Pluripotent Stem Cell-Derived Cardiomyocytes for Drug Proarrhythmic Potential Assessment.

第61回日本神経化学会大会・第40回日本生物学的精神医学会でのポスター発表

9月6日から8日に神戸で開催された第61回日本神経化学会大会・第40回日本生物学的精神医学会で本プロジェクトに関連したポスター発表が行われました。
Tomoaki Shirao, Yuko Sekino, Hiroki Yasuda, Nobuhiko Kojima, “Effect of drebrin knockout on synaptic plasticity”
Hiroyuki Yamazaki, Tomoaki Shirao, “Drebrin interacts with the kinase domain of CaMKIIβ and stabilizes CaMKIIα/β hetero-oligomer in the inner region of dendritic spines”
三木 大輔、小林 勇喜、宮本 達雄、小金澤紀子、武井 延之、関野 祐子、白尾 智明、斎藤祐見子 「ヒトiPSC細胞由来神経細胞における非シナプスマーカー一次繊毛の検出」

シンポジウム「ヒト由来神経細胞の機能評価法へ向かって:培養細胞を用いた多彩なアプローチ」

9月6日から8日に神戸で開催された第61回日本神経化学会大会・第40回日本生物学的精神医学会で、シンポジウム「ヒト由来神経細胞の機能評価法へ向かって:培養細胞を用いた多彩なアプローチ」を開催しました。
6(Thu.)Sep. 13:30~15:30 RoomE(5F,504+505)
Chairs:Tomoaki Shirao & Yumiko Saito
SY9-1
Regulation of the maturation of neurons by neurotrophic molecules
Nobuyuki Takei
Brain Research Institute, Niigata University
SY9-2
Neuronal primary cilium as a signaling platform for environmental cue
Yumiko Saito
Laboratory for Behavi Neurosci, Grad Sch of Integrated Arts and Sciences, HiroshimaUniv
SY9-3
Evaluation of presynaptic functions by fluorescence imaging techniques
Shigeyuki Namiki
Dept.of Neurobiology, Gad. Sch. of Med, The Univ. of Tokyo
SY9-4
Synapse imaging of Alzheimer’s disease model neurons: localization change of synaptic proteins
Noriko Koganezawa
Department o fNeurobiology and Behavior, Gunma University Graduate School of Medicine
SY9-5
Differentiation method of human iPS cells derived neurons and evaluation of their maturation level
Yonehiro Kanemura
Department of Biomedical Research and Innovation, Institute for Clinical Research, Osaka National Hospital, National Hospital Organization, Osaka, Japan

会場風景(後ろの方では立ち見の人もいました)

班員の山崎博士の論文が新聞等に取り上げられました。

上毛新聞(平成30年6月16日)「人の記憶にかかわる物質の働き解明」

Parm Tech Japan on line「記憶をつくる分子の働きにドレブリンが関与」https://ptj.jiho.jp/article/131327 

記憶をつくる分子の働きにドレブリンが関与

班員の山崎先生の論文がプレスリリースされました。
https://www.amed.go.jp/news/release_20180614-02.html

RGS8を用いて作製した抗うつマウスの研究

班員の斎藤先生が論文発表したRGS8を用いて抗うつマウスを作製した研究がNewsweek始め、複数のサイト(yahoo英語版、ヘブライ語、スペイン語)で紹介されています(当AMED-白尾班で着目している一次繊毛と情動のことも含まれています)

http://www.newsweek.com/new-type-depression-may-have-just-been-discovered-scientists-say-971977

https://uk.news.yahoo.com/apos-type-depression-apos-may-105913924.html

http://rotter.net/forum/scoops1/479796.shtml

Identifican un nuevo tipo de depresión

http://rotter.net/forum/scoops1/479796.shtml

班員の斎藤先生の論文がNeuroscienceにin pressになりました。

班員の斎藤先生の論文がNeuroscienceにin pressになりました。齋藤先生は、海馬CA1神経細胞一次繊毛を起点とする、新しいタイプの抗うつ様モデルマウスを作製しました。この論文は、non-synapticなセンサー一次繊毛が情動行動の分子基盤にまで関わることを示す世界初の報告です。
Depression-resistant phenotype in mice overexpressing regulator of G protein signaling 8 (RGS8)
Yuki Kobayashi, Risa Takemoto, Shogo Yamato, Tomoya Okada, Michihiko Iijima, Yoshikatsu Uematsu, Shigeyuki Chaki and Yumiko Saito
Neuroscience, in press

1 / 3123

PAGE TOP